Sのつれづれ日記

 ここでは日々の出来事や思ったことなどを中心に書いていきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハリーとロンとハーマイオニー、ヤンとラップジェシカ

 「銀河英雄伝説」と「ハリー・ポッター」の比較なんて誰もしないだろうから、私が主要三キャラの比較でもしてみたい。

 実は、ジェシカ(すれ違う男の半数は振り向くほどの美しさ、とある。金髪、淡いグリーンの瞳)もラップも早々に死んでしまうから主要キャラではないのだが、ハリーたちとの共通項は「男二人に女一人」という点と、三人組の中の女性キャラが主人公であるヤンやハリーでなく、もう一人の男とくっついてしまう(ハリー・ポッターの場合「くっつきそう」な段階だが)点。だが、ジェシカはジャン・ロベール・ラップ少佐(死後大佐に昇進)と婚約するけど、この三人を中心に描かれた「新たなる戦いの序曲(オーヴァチュア)」にあるように、ヤンとダンス(ハンガリー舞曲の第6番だった。ヤンはジェシカの足を踏んでしまうが、この人は風雅とは程遠いからな・・・)を踊ってるとき思わず涙してヤンの胸にもたれてしまう。ヤンのことを本当は好きだったのだろう。一方のヤンは臆病から本心を打ち明けることなく、またラップを親友として大事に思っているから、「こいつはいい奴なんだ。幸せになれるよ」などというのである。ラップもわかっていて酔いつぶれて無人カーでジェシカと一緒に帰るとき思わず「ヤン、すまんな・・・」とか口に出てしまうのだ。それを聞いてジェシカはラップとの結婚を微笑んで受け入れるわけだが・・・
 後輩アッテンボローがヤンとジェシカの関係について「まあ、あの二人が付き合っているといわれても違和感はなかったね。恋人というより仲のよい友達、という感じではあったがね」といっている。ヤンとラップは士官学校在学中に事務官の娘であるジェシカ・エドワーズと知り合った。ラップとヤンは戦史研究科に在籍していたのだが、予算削減のあおりで戦史研究科は廃止されることになり、学年首席のマルコム・ワイドボーンを戦術シミュレーションで破ったことのあるヤンは戦略研究科への転向を余儀なくされるが、戦史研究科存続をもとめてラップとジェシカと組んで活動したらしい。「屋敷しもべ妖精」の人権のために立ち上がったハーマイオニーの行動と似ている(ハリーとロンは同調しなかったが)といえば似ている。しかしその運動は「戦略的撤退を余儀なくされ」、二人は下手をしたら退校処分であったが、アルバス・ダンブルドアを思わせる当時の士官学校の名校長シドニー・シトレ(彼の時代は士官学校でも五指に入るほどいい時代だったといい、体罰を戒めた)は、戦史研究科廃止に伴ってバラバラになる研究科の蔵書がどこに行くか記すという仕事を処罰として与えるという粋な計らいをする。
  
 ラップ少佐は「アスターテ星域の会戦」で参謀として参戦し、上官の無能を「下らない軍事ロマンチシズムに毒されて部下を道ずれにするか!」と激昂するものの、降伏勧告を受け入れなかったムーア中将とともに戦死する。音楽学校の教師になっていたジェシカは自宅でムーンライト・ソナタを弾いていたが、ピアノの上のラップと移った写真立てが落ち、ガラスが割れてしまうのだった・・・その後彼女は反戦活動家となり当選するが、軍部によるクーデターで虐殺されてしまうのだった。ヤンはその報を聞いた時サングラスを押し上げただけだったが・・・

 さて、ハリー・ポッターにおけるロンとハーマイオニーは死ぬのだろうか?amazonで第5巻、第6巻のレビューを見ると誰が死んでしまうかちょっとわかってしまったが、ローリング氏は最終巻で2人死ぬがそれはロンとハーマイオニーではないといってるらしい。私は別に切なさを最高潮に、お涙頂戴にもっていってくれるなら誰が死んでもかまわないのだが、あの三人はやはり生き残るようだ。ヴォルデモートを倒して凱旋して終わり?
 5巻はハリーがイライラしまくっているらしいので痛々しそうだが、6巻はそれを乗り越え落ち着いているらしい。しかし、子供向けっぽくない、暗く憂鬱な雰囲気があるとのことでこの手の雰囲気(音楽でいえば短調?)が好きな私は楽しみだ。
 
 ともあれハリー・ポッターはまだ未完成なので完結してからトータルで評価すべきなのだろう。銀河英雄伝説の著者の田中芳樹も「これで銀河英雄伝説もようやく小説になれました。これまでは小○でしたから。これで悪いなら悪いなりにトータルで評価していただけます」と書いてるし。
 ・・・って田中よ、「アルスラーン」、「七都市物語」、「タイタニア」他、最終巻でてから何年たってると思うんだ?さっさと続刊出せよ!ヤンとジェシカとラップの士官学校時代の話も外伝として出すって言ってたろー。出してください。「創竜伝」なんて現代日本論評本と趣味の中国史物ばかりコンスタントにださなくていいので・・・。これこそが「銀河英雄伝説」を最高傑作とみなし、以降の田中を腐敗した、職業作家失格とみなす(私もそう)最大の要因なのになー。何千となく同じ意見が本人のとどいているはずだが本人どう思っているんだろう?ローリングはハリー・ポッター終わったらそれを超える傑作書けるかだろうか?書くかな?
  1. 2006/06/02(金) 00:15:41|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

面白いデータ発見

 
http://blog.livedoor.jp/feckyon/archives/14685464.html


日本人の戦後の平均身長の推移を何気なく知りたくなって「日本人 平均身長」と検索したら、主要国の最近の平均身長のデータが載ってる上記ブログを見つけた。

 アメリカ以外アジアだが、一番高いの韓国人なのね・・・というか、同じ民族である北朝鮮との差に愕然。8cm以上って・・・日本の戦後の平均身長の伸びと同じ位の差だよ。あきらかに、栄養状態と食事の欧米化の度合いが身長をかなりの度合いで決定しているのが見て取れる。金正日よ、北朝鮮軍を屈強にしたいなら、幹部に富を集中させて毎年100万人も餓死させないで、どんどん富を分配して食事を欧米化しないと。日米はおろか韓国にも勝てないぞ。まあ、あなたが太ればいいのか・・・
  1. 2006/05/30(火) 19:45:17|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もう一度トライ

 「のだめカンタービレ キャラクター診断」をもう一度やってみました。「指揮」を「ピアノ」に、昼食を「裏軒何とかサンド」、卒業後の活躍先「ロシア」から「ドイツ」などに変えた結果、「のだめ」とでました。やっぱでたらめだなー、でも何回かやってみよう。ちょっとだけ面白い。
  1. 2006/04/20(木) 01:51:01|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

のだめカンタービレキャラクター診断

 をhttp://goisu.net/cgi-bin/psychology/psychology.cgi?menu=c044でやってみました。そしたら「千秋真一」タイプだと出ました。魅力があり、努力も怠らない…ってその正反対です。
 まあ、ちょっと選びかねる質問もあったのでもう一度やってみませう。

 バーンスタインの「マーラー 交響曲第7番・第8番」のライブ映像をDVD(1層≪DVD+RW≫と2層≪DVD+R DL.ROM化済み≫の両方。2層用を作ったのは画質が、サイズからして大幅に向上するだろう、と踏んでのことでしたが、あまり変わりませんでした…。)にしました。日本語字幕なしはこの両曲では非常に困りますが、仕方ありません。しかし、第8交響曲のトラックわけには苦労した。初めて聴く上に、明確な中断は「第1部」と「第2部」しかないので、CDと聴き比べて分けようとしましたが、最初に借りてきたCDは「第1部」と「第2部」のみの区分(バーンスタインの指揮で、確かSonyだったような・・・)、次にまたバーンスタイン指揮の「第10交響曲アダージョ」とセットになっているのを図書館からかりてきて、DVD(最初に作った1層用ので、第8を「第1部」と「第2部」にしか分けてない)とCDを両方再生しつつ、24トラックかな、何とか分けました。チャプターが多いため、一つの画面に、見やすい6つのチャプター設定では4か5ページ画面ができてしまい、背景画と、BGM選曲にも苦労しました。でも作ってよかったです。
 「ブルックナーの壁」の掲示板「音楽じゃ脳2」で知った、ホラぼやさんのページでも、第8と第9のディスク比較はまだないですが、この時期のバーンスタインのLD演奏はほぼ「超名演」か「名演」なので、初めてマーラー全集に、復刻DVDのこのシリーズから入るのは問題ないと思われます。あ~、「第1番・第2番・第3番『復活」』欲しくなってきたな…でも国内盤、いや輸入盤も高いんだよね…まあ、片面2層が2枚で、総収録時間241分(この組み合わせは確かこの時間だったはず。)だから、普通に働いてれば「高すぎ!」ってことはないんだけど…
 第1交響曲は一番わかりやすいし、第3番は最後の2分が(笑)素晴らしいし、7・8番がまがりなりにも手に入ったのであとこれさえ買えばバーンスタイン二度目の、マーラー交響曲全集はコンプリートなんだが…
  1. 2006/04/20(木) 01:43:35|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりに

 ブログ書きます。「のだめカンタービレ」の、千秋真一指揮R☆S(ライジング・スター)演奏の「ブラームス 交響曲第1番ハ短調」全曲と、「ドヴォルザーク 交響曲 第8番 第1楽章間違い探し(二つ第1楽章を演奏しており、間違い版はどこが間違っているのか聞き分ける。ちなみに私は、まだ1回聴いただけですが、わからなかった・・・orz」が入っているCDを聴きました。ブラームスが意外すぎるほどよく、この作曲家名残したわずか4曲の交響曲のなかで第4番 ホ短調 作品98を偏愛していた私にとって新鮮だった。

 特にフィナーレは「苦悩から勝利へ」という、19世紀交響曲のひとつの類型の典型的なものを、もっともエキサイティングに表現したものだった。(といっても「ブラ1」はCD1枚と、カラヤンがウィーン・フィルと来日した時《1959年》の第4楽章後半部のみの映像版、ベームの1975年《だったか?》の来日時のライブ映像全曲しか聴いたことはないのだが・・・)。録音技術の差でもあるのだろうが、なかなかよい。唯一所有しているクリスティアン・マンデール指揮の”ジョルジュ・エネスコ”ブカレスト・フィルハーモニー管弦楽団(1996年)のよりはいいと思った。もっともクラシック音楽における。曲そのものと、演奏者の、最終的な演奏・録音・録画の比率は、競馬の馬と騎手によく言われるように比率として「曲そのものが7割り、演奏者が3割」くらいだろうと思っているので、この曲を久しぶりに全曲聴いたこともおおいに関係していると思われる。

 それにしても就職活動が今の時期、ちょっとやりづらいですね・・・学校への求人はほとんどもうないので雑誌やネットで、新卒採用ではない職場への応募に除除にシフトしていくと思います。

 ではまた。週一位は何か書かないとね。ホームページはもう更新不可能だけど・・・

 それにしても後2ヶ月卒業間近になってようやく自分の居場所を見出せた気がするのに、時間は、未来方向にしか進まない・・・逆転させることも、停止させることも、早くすることも、遅くすることもできない。

 ま、どんどん電話かけて面接しないとね。
  1. 2006/01/08(日) 01:47:57|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ

S

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。