Sのつれづれ日記

 ここでは日々の出来事や思ったことなどを中心に書いていきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「音速の貴公子」

 「音速の貴公子」(古舘伊知郎の実況からだという)アイルトン・セナ・ダ・シウバ(1960~1994年)が亡くなってから12年か・・・ふと当時のフジテレビの中継の映像などを見て感慨深かった。リアルタイムで見ていたが、激突して運転席でぐったりしているセナをみてもまさか死んでいるとは思わなかった。しかし、映像を見ると運び出されたセナの体の回りにはかなりの血だまりがある・・・実況の三宅アナと河合さん、名前は忘れたが評論家の人が泣きながらセナの死を報告していたな・・・男はやはり男に惚れるのだなあ。
 セナの葬儀も見た。当時も見たが、葬儀はブラジル政府の国葬。サッカーの試合も中止して黙祷がささげられ彼の人気がいかに本国でも高かったか伺えよう。
 セナが死んでからも結構F1は見ていたが、ミハエル・シューマッハがセナの記録を破り独走するようになってから見なくなったな・・・いまではシューマッハは「皇帝」と称されている。
 セナは天才的なレーサーで、しかもその彼がレースで散ったのである。まさに彼は英雄であり、その生涯は伝説である。敬愛に値する人物として久々に思い出したなあ。相当なハンサムでもあるし・・・

 それはそうと、CS放送のクラシカ・ジャパンの番組表見るとDVDになってる、あるいはこれからなる映像の放送多いなあ。激しく見たい。ブルックナー交響曲第8番(カラヤン、ウィーン・フィル、1979年聖フロリアン教会)、バーンスタインのブラームス交響曲第1番、ブルックナーの交響曲第9番(今冬DVD化予定)、クライバーのブラームスなどこのチャンネル見れればDVDいらないかな?
 でも2ch音声なのでサラウンド音声が入ってるDVDならそれを買ったほうがよいが・・・しかし買う前に見れる、あるいは現在商品化予定のない映像を見れるのは大きい。ドキュメンタリーも面白そう。
 しかし、デジタルハイビジョンTVに加え、CSチューナー、アンテナ、スカイパーフェクTV3000円/月、に加えクラシカ・ジャパン3000円/月、系6000円/月が必要か・・・高いな・・・デジタルハイビジョンTV欲しいよ。5.1chサラウンド音声放送もあるしなー、クラシックにぴったり。
スポンサーサイト
  1. 2006/08/07(月) 22:05:05|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<のだめカンタービレ | ホーム | ゲーム音楽コンサート>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://reinhard.blog13.fc2.com/tb.php/97-2204b87d

クラシカ・ジャパンについて

クラシカ・ジャパンクラシカ・ジャパン(CLASSICA JAPAN)は、CS(通信衛星)を通じて24時間放送する衛星放送チャンネル。日本唯一のクラシック音楽チャンネルで、朝4:00から深夜2:00まで毎日22時間、話題のオペラやバレエ、オーケストラから室内楽までのコンサート、音楽ドキ
  1. 2007/03/24(土) 16:45:18 |
  2. 大好き衛星放送

S

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。