Sのつれづれ日記

 ここでは日々の出来事や思ったことなどを中心に書いていきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

曲がりなりにもクラシックを聴き始めて10年、ついに私にも「マーラー・ブーム」が来るのか?

 ってことで「マーラー 交響曲第9番(主にフィナーレ)」についてです。
 「買ってしまった」バーンスタインの、「マーラー 交響曲第4番・第5番・第6番」のDVDが良かったので、たまたま手に入った、バルビローリ指揮、ベルリン・フィルの1964年録音の「マーラー 交響曲第9番(特に、何やら、どこで仕入れた知識かはもはやわからないが、この曲はフィナーレがすごいらしい、となんとなく思っていたので、早速長すぎる前半3つの楽章を飛ばして、第4楽章だけ聴くことに。)を聴く。(フィナーレ)。
 …いい!ほとんど大編成のオーケストラのための弦楽合奏曲のような楽章だが、何か突き抜けた、光明のようなものを感じた。再度聴き、やはりいいと確信したので、興奮して眠れず、翌朝バーンスタインの「マーラー 交響曲第9番・第10番(アダージョ)・大地の歌」のDVDを札幌の街中で買ってくる。常に10%引きで、さらに次の買い物からすぐ使える10%ポイントもあるので「交響曲第4番・第5番・第6番」でもらったポイントも使い、実質定価20%オフくらいで入手。これでDVD80セット突破ー(何やってんだか…orz)
 しかし帰ってきたのも昼間だったので、夕食後に視聴しようと思い、時を待つ。
 そしてベイリーズを飲みながら聴き始めると、バルビローリのCDでもそうだが、第1楽章は冗長。気づいたら、何か曲のフィナーレっぽいので見ていたら、「交響曲第9番」はもう終わっていて、次の「交響曲第10番から『アダージョ』」の終わりだった。つまり寝てたわけです。
 なので、気を取り直して再度第9を視聴。第1、それほどひどくもないが、あまり面白くない第2楽章、そしてこれはこの曲で一番短いこともあってかスケルツォ的な雰囲気が結構楽しめた第3楽章。
 そしていよいよフィナーレ、第4楽章。
 私は泣きました。
 バーンスタインの躍動と、ウィーン・フィルのメンバーの信仰心にも近い真摯な演奏と、明らかに、別撮りもあるだろう、それでいながら後にカラヤンの1977年ジルベスターコンサート「ベートーヴェン 交響曲第9番」(昨日ヤフオクで10000円で落札されてたよ…すげえ人気だな、カラヤンの旧盤DVD。Unitel盤復刻カラヤン ベートーヴェン全集の第9が「幻の1968年盤」になってしまったからなあ。いまやこっちが幻かよ。俺が売ったときも4900円で、買ったとき《3000円位》よりは高く売れたけどさ…バックアップDVD-Rもあるけどさ…日本語字幕・ドイツ語≪原語≫字幕付きで復活を期待!)、1982年の、ベルリン・フィル創立100周年記念コンサート「ベートーヴェン交響曲第3番『英雄』」といった完全無欠のカラヤン-ベルリン・フィルの凄さを巧緻きわまる編集で後世に残しえた、クラシックライブ映像の巨匠ハンフリー・バートンの手腕(彼はバーンスタインのほとんどライブ撮りの多数の、実はカラヤンに劣らない数の映像があるのではないかと思えてくる《Unitelのカタログなど見てると》映像作品の監督をつとめ『モーツァルト レクイエム』や、1989年ベルリン祝賀記念コンサート『ベートーヴェン 交響曲第9番』などマーラー全集以外にもバーンスタインの傑作音楽映像を製作している。秋に出る『ブラームス 交響曲第1番・交響曲第3番』のDVDが楽しみだ)、そしてあの時会場にいた聴衆の念、その全てが、時空を超えて伝わってきた。特にバーンスタインの陶酔振りとそのアップを移し続けるカメラワークは、一般にナルシストといわれ、明らかにそういう時期もあったろうカラヤンさえやらないほどのしつこさであり、だがそれが分厚い音響と重なって、号泣とまではいきませんでしたが、涙がにじんだのです。
 良かったー。

 しかし、これで私は深刻な問題に直面する。バーンスタインのマーラー交響曲全集DVDを買うべきか否か?答えは決まりきっていてもお財布事情が許さないのだ。しかし、ひょんなことから第7交響曲と、第8交響曲の映像が手に入ったので、自分で編集してDVDにすることはできる。しかし、ちょっと調べてみると第8交響曲、めっちゃ細分化されてんのね。22箇所くらいあったか。しかも僕はほんの一部を除いてこの巨大な、いわゆる「千人の交響曲」を聴いたことがないのだ。チャプターつけるだけで疲れることは必至。しかし一端DVDにしてしまえばPC起動しないと見れないという不便さ(しかも画面も小さい。他のプログラムの影響などで止まったりする)もないので、頑張るかー。
 あとは1番「巨人」(これが一番わかりやすいんだから欲しい!)、第2番「復活」(何故かこれはアバド指揮の映像がある。DVDにするのめんどくさそうだけど…)、第3番(CDはあり)だけだが…これもお財布事情が苦しいのよー。

 あ、そういえばカラヤンってマーラーの交響曲第9番で何かの賞もらってるんだっけ。カラヤン-BPOの「マラ9」も聴きたいですな。
 
スポンサーサイト
  1. 2006/04/17(月) 23:18:42|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<地上波久しぶりのヒット | ホーム | ついに初DVD化! 1989バーンスタイン 東西ドイツ祝賀記念コンサート ベト9!そしておそらくLD,VHSを含めても初出のブラ1、ブラ3!>>

コメント

ついにマーラーですか!

>バーンスタインのマーラー交響曲全集DVDを買うべきか否か?答えは決まりきっていてもお財布事情が許さないのだ。

僕は1、2、4、5のLD、8のDVDを持っています(^^)

8をコピーしましょうか?

てゆ~か、僕が持ってないのを見せて欲しい)*O*(
  1. 2006/04/18(火) 22:35:48 |
  2. URL |
  3. 壁男 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://reinhard.blog13.fc2.com/tb.php/68-c24a698e

S

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。