Sのつれづれ日記

 ここでは日々の出来事や思ったことなどを中心に書いていきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

久しぶりに何か書かないと

 というわけで壁男さんの掲示板に書き込んだのとほとんど同じ内容を書きます。

 「音楽じゃ脳2」での「駄作談義」(?)が終わってよかったです。今度は「癒し」談義を少し巻き起こしてしまうかも?

 ところでPCは自宅では症状出るのに(CD・DVDに書き込めない)、車で1時間半(街中込み過ぎ!!別に土日でもなかったのに・・・込んでなければ40分もあればいけるだろうに)かけて札幌中心部で私の廉価PCを扱ってる店まで持ち込んだらちゃんとCDもDVDも書き込めるという・・・結局症状が出ないので 1000円「診断料」として取られて終わり。で家に帰ったらまた書き込めないではないか!!店と違うのはキーボード・マウス、ディスプレイ・電源くらいだろ~と考え、ディスプレイと電源は違うのがあったので変えてみたものの相変わらず書き込めないという奇奇怪怪な症状が・・・orz.しかたないのでリストアして必要最小限のソフトだけいれたログインIDではDVDは書き込めた。いまもその症状なのでこのまままた~りといくかって感じです。
 CDの書き込みは難しそうだ。データ保存DVDも取り込めないデータがあるし・・・更には保存してあるディスクを3,4枚壊してくれましたよ。
 困ったもんだ・・・

 ところで「コードレス・サラウンド・ヘッドフォン」ってのを買ってみました(Pioneer SE-DHT5000。なぜか「東北パイオニア」の製造・販売。実質的にはPioneerのSE-DHR800Cあたりとほぼ同じと思われる。)ご存知かどうかわかりませんがベスト電器という一応全国展開(本社福岡)の電器店で(「江別店」と「江別中央店」がありややこしいが「江別店」のほう。「江別中央店」や、学校の近くの店舗ではやってないのでもめた;^^)、「開封後の返却返品・交換OK」という、他の店舗よりはるかにがんばってる店舗で、それを見越してPioneerと比べつつ最初は SonyのMDR DS-3000(14800円)を買ってみたら「アナログ赤外線方式」ということでマスターからデジタルで音が作られているであろうソフトでも最大音量にするとノイズが入るので返品・交換(19800円を15回払い・・・orz).今度は「デジタル赤外線方式」なので古い作品はともかく最大音量でもほとんどノイズもなく、映画ドラマ(ドラマ版「砂の器」葉かなり高音質化した。古い、1974年版ではノイズがのってしまうものの音字体はよくなったと思う。90年以降の映画・アニメは軒並み高音質化がはっきり実感できる。まあ2003年の商品なんだけどね・・・)などでは今までのミニヘッドフォンとは明確に違う低重音、各方向からの音など楽しんでおります。時折「本当に外部のスピーカーが鳴ってるんじゃないか」と思って確認してしまうこと数度あり。(例のDVDプレーヤーとトランスミッター部を「光デジタルケーブル」1本で接続。わずらわしさもない。トランスミッター部をおく位置が適切であれば多少の障害物があっても音が届く)。

 で肝心のクラシックDVDソフトはと申しますと、西本知実のような2000年代に入ってから、最初からDVDにするつもりで5.1chサラウンドなどを入れてるソフトはそれなりに高音質化したものの、カラヤンのような80年代までの映像ソフトであとからDolby Digitalや5.1chにしたものはそれほど変わらないような・・・少なくとも映画ほどの違いはない。キーシンと出てたやつはよかったけど、比較してないからなあ。

最近では「AAC」という、インターネットやPC、携帯電話、携帯用デジタルオーディオの分野での音楽形式ではかならずMP3に取って代わるとまでいっている(「AAC」という形式が、ヘッドフォン買ってから気になりだしたので調べたらアップルのサイトでそう書いてってあった)音楽圧縮フォーマットが 128kbbsで非圧縮のCDと「区別がつかない」と専門家に言わしめたそうで、私の買ったヘッドフォンはそれには対応してませんし、デジタル赤外線方式も「2.4GHz無線伝送方式」とかのが街中のヨドバシカメラで見てみたらSonyから出ていて(29800円)、それは30M届くそうです。新しい技術目白押しだなあ。
スポンサーサイト
  1. 2005/12/19(月) 00:49:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<久しぶりに | ホーム | ついに・・・>>

コメント

あけおめ

ことよろ(^^)ノ

カラヤンの「英雄」。
ベルリンフィル100年ライヴ見ました。
音がシャカシャカしている感じがしましたが、類例のない激しく燃えたカラヤンですね。
こういうのがCD(レコード)でたくさんあれば評価も変わってきたと思います。
  1. 2006/01/05(木) 22:20:19 |
  2. URL |
  3. 壁男 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://reinhard.blog13.fc2.com/tb.php/52-e53f68c4

S

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。