Sのつれづれ日記

 ここでは日々の出来事や思ったことなどを中心に書いていきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

音楽書

 音楽関係の本を比較的読んでいる。「ブラームスは語る」の三部作(ほんとイメージ変わったよブラさん。こなれた現代的訳で下品で近眼、綺麗な青い目のブラームスがよくわかる)、朝比奈「楽は堂に満ちて」(戦前の貧相な音楽状況がよく分かる。ソウル市交響楽団創立者の林元植という人が満州で救ってくれたそうですねえ。「先生は黙っていれば日本人に見えないから」とか言われたれたそうな)、ドヴォルザーク、チャイコフスキー、ブラームス、ベートーヴェンの伝記、「カラヤン調書」など…借りすぎて読みきれてませんが。

 


「反音楽史」(石井宏、新潮社)おもしろいなあ。所詮クラシックも音楽。ベートーヴェンなどを持ち上げすぎて、ジャズや黒人の音楽、ドイツ以前に音楽といえばイタリアでありドイツ人など音楽がかけないといわれていたことなど私が思ってることに近いことを書いててくれてるなあ。
スポンサーサイト
  1. 2006/09/18(月) 18:56:56|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

S

08 | 2006/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。