Sのつれづれ日記

 ここでは日々の出来事や思ったことなどを中心に書いていきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

西本智実さんー

 それにしても美しい方だ。改めて惚れ直した。それにしても「ジーズニ」のDVDがでるのはいいが、チャイコフスキーの第5交響曲と第6交響曲と別なのか・・・http://www.hmv.co.jp/search/index.asp?keyword=%90%BC%96%7B%92q%8E%C0&target=KEYWORDすでにベームのモーツァルトの交響曲集が出てるし、年末には今年はたくさんクラシックDVDで欲しいものが出る。バーンスタイン東西ドイツ祝賀ベートーヴェン第9交響曲(サラウンドはないし、合唱部の字幕もなさそうな気がする・・・ドリームライフだからなあ)、モーツァルトレクイエム(海外版だが日本より5割安く、日本語字幕はないが5ヶ国語字幕+ラテン語《原語》も入っているし、DTSサラウンドも付いている。いまどきDVDにするならサラウンドと声楽作品なら字幕入れろよなー。字幕入り、とあるがバーンスタインのインタビューの部分だけな気がする。それにしてもバーンスタインの映像も大半がUnitelだし、ベームのモーツァルトのレクイエムや交響曲集もUnitelでカラヤンの先見の明の偉大さがわかるなあ。彼自身が関わった音楽映像作品も彼自身が芸術品なので一級品だが、ちゃんと他の巨匠の貴重な記録も残しているからなあ。全身のCosmotelを私財をなげうって後につながる道を開いただけでもえらいよ)、ブラームス第1交響曲・第3交響曲、ダニエル・ハーディングのDVDもドリームライフから出る。オペラだから買わないが・・・そして智実さまの「ジーズニ」とチャイコフスキーの第5・第6か~。全部は買えないので、バーンスタインのDVDは音や映像が悪いとはいえ映像はあるし、自分で字幕トラック付きのDVDが作れるようになった(試しにカラヤン・ライブの凄さを端的に示す好例である1977年12月31日のジルベスターコンサートのベートーヴェンの第9交響曲に日本語・ドイツ語併記字幕トラック《on/off可能》をつけてみたが・・・むちゃくちゃ疲れたので、バーンスタインの第9や、まして楽譜のないモーツァルトのレクイエムは後回しだなあ。このカラヤンの第9と西本智実さんの、チャイコフスキーの未完成交響曲「ジーズニ」第2楽章初演ドキュメンタリー《壁男さんどうも^^》を組み合わせてSSDVD-0033としたが、これを見直してその美しさに・・・声は小林研一郎の方が美声かも知れないが^^) のでとりあえずバーンスタインの第9とレクイエムはおあずけかあ。ベームのモーツァルト13曲交響曲集は貴重だが3DVDセットで高い。それでもCDで買うより安いし、サラウンド音声が付いてるのでそれを再生できればCDより音すら言いわけでやはりDVD,次世代DVDだなあ。

 やはり智実さんか・・・チャイコフスキーの第5交響曲や第6交響曲「悲愴」を振る彼女見てみたいからなあ。コンサートではもちろんロシア物以外も振っているので、ブラームスの第4番など悲劇的な上に耽美的色彩があれば私の好みとしては最高なのでぜひ実演に接してみたいものだ。
スポンサーサイト
  1. 2006/07/17(月) 14:55:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

S

06 | 2006/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。