Sのつれづれ日記

 ここでは日々の出来事や思ったことなどを中心に書いていきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ついに・・・

 キタ───(゚∀゚)───!!!!

ついに来ましたよ、皆さん!!(と言ってももはや更新できないページを何人の人が見てくれてるんだか・・・)

 ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(他=交響曲第9番のみ)の1967年から1972年の、映像によるベートーヴェンの交響曲全集(3DVD)が!!当初、「幻の1970年の交響曲第9番」とファンの間で言われていたという、いわくつきの「第9」が実はクレジットには「1968年 Unitel」とかあり、まだ第9しか見てませんがカラヤンファン、ベートーヴェン・ファンには、よだれ物の永久保存版。でもこれからさらに奇数番号の交響曲のバックアップ作ります。

 それにしても発売を知った半年も前から待ち焦がれ、10月31日、10月25日、11月10日、11月18日、11月29日とめまぐるしく発売、発送可能時期が変転し、結果11月22日に発売となり、翌日23日19時に東京を出て2日でようやく手にしたときの喜び!これはファイナルファンタジー6、7、ドラクエ5か6以来の、商品発売に対する期待感ですたね。ボックスもかっこよく、日本語こそないもののドイツ語、英語、フランス語、スペイン語、そして中国語の字幕による(と思われる。わたしはまだ英語字幕の第9しか見てないので。中国語字幕が楽しみだ・・・)「第9」はやはり感動的だ。ドイツ語の「Alle Menshen werden bruder(アーレ・メンシェン・ヴェルデン・ブルーダー)」が英語では「All men become brother(オール・メン・ビカム・ブラザー)」だ。すべての人々は兄弟になるのだ、お前(「歓喜」のことか?)の優しい翼の止まるところで。トスカニーニの英語歌詞版第9があるらしいが聴いてみたいもの(^^)
 でも日本でのこの商品をインターネットで扱うHMVのサイトみたらまだ受注たった170セットなのね・・・(25日午後8時現在)。まあ、HMVのネット予約だけではなく輸入クラシックDVDという、かなりマイナーなジャンルの商品も置くことの出来る規模のCDショップなら店頭でも売ってるらしいのでなんともいえませんが(知人の話では今日、横浜のタワレコには置いてあったとのこと。札幌のタワレコにはあるかな?あそこ少し輸入盤クラシックDVDあるからなあ) 。

 それはさておき世間では家庭用ゲーム機(プレステ2とかね)の陰に隠れて目立たない感のあるパソコンの、エロゲー(エロは必要な場面に出てくるだけでシナリオを楽しむ要素が強かったが)「Fate/Stay Night(フェイト/ステイ・ナイト)」(全エンディング《ルートだったかな?》見ました。)90時間くらいかかりました。はじめてやったパソゲー。借してくれた友人に感謝。TYPE MOONという小さな会社が製作。シナリオは「空(から)の教会」という小説で数十万部を売った奈須きのこという人だ。こんな知識2年前には持ってなかったのに・・・)の続編(というかファン・ディスク的要素が強くて続編の要素もあるみたい。これも一応借りてみる予定)が、予約の段階だけで20万本も受注があったらしいというのに・・・
我がカラヤンの、人類の至宝の方は・・・

 それと、まだ(一生されないかもしれないんで買ったんですが)DVD化されてない「エヴァンゲリオン交響楽映像版」を寝てたのでPHSで激戦《18回入札》を繰り広げそのLD(知ってますかー。これは97年製作発売ですからDVDはその前年に出てましたがまだLDの普及率のほうが高かったんでしょう。LDで映像作品を出す末期ですな。98年発売のLDを僕は知らない)を購入。500円で入札してたらいきなり終了近く間際に高値入札が。布団に入ってたのでPCを立ち上げる気もせず、オペラが入ってるPHSで競争し2600円でフィニッシュ。向こうのボーダーラインはどうやら2500円だったらしい。私は3000円にしていました。これも今日届いてこれからPCに取り込みつつ見ようかと思いますが、前になぜかレンタルビデオ店で貸し出されておりそれをみていいコンサートだったのでほしかったんです。

 それと、PC上の音楽データがあふれかえってます。MP3やWMAで圧縮してるのに、それに交響曲や協奏曲などのクラシックの大作はまったくといっていいほどいれてないのに10GB超えてます。そういえば8センチシングル(!4枚しか持ってない。それを全部入れた。去年のいまぐらいにかったPCでドライブはDVD+R DL(+R片面2層DVDディスク)の書き込みにも対応してるものですが8センチCD用の溝、あるか心配しましたがあるんですね~。早速入れました。

 それに512MBの携帯デジタルオーディオプレーヤー、容量足りません。PCの音楽全部入れたいくらい。買ってしばらくは512もありゃー十分だろう、と思ってたんですが。
 これにもクラシックの大作は入れてません。一時期ブラームスの、愛してやまない交響曲第4番(カラヤン指揮、ベルリン・フィル 1980年代の録音)を入れてましたが、全曲はおろか、楽章ひとつ聴けません。クラシックのある程度の規模以上の作品はちょっと外で動きながら、あるいは公園とかで休んでても聴けませんね。しかし、映画「砂の器」のピアノ協奏曲「宿命」は2楽章40分入ってるし、全曲も何度か聴いた。ドラマ版は2楽章で20分だからもっと頻繁に聞いてる。劇半音楽に正当な(何を持って政党とするのか定義できませんが・・・)クラシック音楽より強みがあるとすればこういう面かな。

 あとKinki Kidsの曲がやたらPCに入ってます。デジタルプレーヤーにも数曲、他の曲を苦悶のすえ捨てて入れてますが全然足りない。後中島みゆきとか、「銀河英雄伝説」のEDテーマとして作詞・作曲して歌ってる小椋桂の曲はほんといいねえ。ドラクエとかFFの曲も相当PCにある。

 さてこれから「エヴァンゲリオン交響楽映像版」をPCに取り込みますか・・・そしてカラヤンのベートーヴェン全集もわからん解説書とか見て一人悦にいたろう。170セットということは北海道の人口は日本の総人口の4,5%だから北海道でこんなの買ったの(自分で言うのもなんだけどオペラよりはるかにその劇的性格や悲歌性がわかりやすいルネサンスから後期ロマン派の曲も、「一般人」には堅苦しくみてしまうんだろうなあ) 7,8人か?・・・すげー物好き。カラヤンは見てもらえれば無茶苦茶かっこいいとわかってもらえるのに・・・
 さて長くなったのでこの辺で終わりにしましょう。

PS:今日はテレ朝とフジの朝の番組で天秤座珍しく順位がそろって「最下位」「もっとも悪い」だったのになあ。やはり星座占いなどあてにならないね。 
スポンサーサイト
  1. 2005/11/25(金) 20:33:34|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ありえね~

 カラヤン ベートーヴェン 交響曲全集の発売日が11月29日に延びやがった・・・ありえね~!
  1. 2005/11/17(木) 22:40:30|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

何という技術だ!

 今NHKのサイボーグ技術の特番を見てますが、驚くべき映像の連続です。PHSなので、あまり詳しく書けませんが、なくなった手に触覚を取り戻し考えで五本の指を適切に動かしたり、脳に機械を埋め込むことでパーキンソン病やうつ病を直したり…

 個人的には難聴の子供に脳に機械を入れて全く普通に話せるようにし、子供ながらその意義の大きさを感じ取ったのでしょう、バイオリンを自らの意思でならっていることでぜひ将来プロになってくれ!と思った。

 ガンダムの小説版でギレン総帥が試作した「人はもっと飛べるのではないか」という言葉が思い出されました。

 その後の「夜回り先生」こと水谷先生の番組に号泣…。このような「実践者」の方が、観念的な「自虐史観」云々やってることよりどれだけ社会に意味ある存在か!クラシック音楽など芸術全般すらより貴重だと思う。結局人にとって人こそが最も重要なのでないか。そう思わされました。
 つまるところ、「主体性を持った一個人が集まってより公正で、最も効率的なその国家の富の再分配を達成する組織としての方便」としての国家と一個人、どちらが重要か、自明なように、結局、「人あっての芸術」に他ならないのですから……!
  1. 2005/11/05(土) 22:31:21|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パソコンが壊れたので

 題名のとおりパソコンが壊れたので、しばらくブログしか更新できません。このページを構成するデータの大部分がというかすべて失われたので新しいページに移る可能性があります。
 西本智実のDVD『「運命の力」序曲、「幻想交響曲」」を入手。演奏は、ライプツィヒで日本のゲーム音楽を演奏したチェコ国立交響楽団。西本はまるで美青年のような美しさだ!「運命の力」序曲はカラヤンのLDで初めて聴いて、映像を伴うことで「歌える」のが早くなった曲目なのでよかった。「幻想」は、音声はモノラルながらカラヤンのDVDのほうが(映像は鮮明なカラー)よかったかも。いや拍手がまばらに聞こえたのはだったのは下記の、カットされた曲目がまだあったからかもしれない。私の耳には両者の演奏にさほど違いはなかった。それにしてもCDでは小澤ーボストストン響で満足してたのに、DVDでは2枚買うとは…これで西本のDVDでもってないのは「ボレロ、火の鳥、展覧会の絵」のみ。

   
  1. 2005/11/05(土) 22:21:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっと

 SSDVD-0022にして、ようやく「カラヤン指揮/BPO 管弦楽名曲名演大全Ⅱ(完結編)」となり、左記のとおり、プロジェクト、終わりました(疲れた・・・「Ⅰ」《SSDVD-0020》のほうのジャケットも作ったからなあ)
 
 さてすでに日付変わって11月3日。まだHMVでのベートーヴェン全集は発売が11月10日です。後1週間です。しかし、今日の営業時間あたり、やばそう・・・12月6日なんて遠すぎる!発売延期せんでくれ~・・・べトの全集手に入れたら、3番、5番、7番(容量によっては割愛するかも)、9番を入れて、LDから「コリオラン」序曲と「エグモント」序曲を持ってきて統合して新しいSSDVDを作る構想ができちゃったんだよ~
  1. 2005/11/03(木) 02:03:55|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

これから緊張の連続だ

 昨日の雑記で、アマゾンが、カラヤンのベートーヴェン交響曲全集の発売日を12月6日に延期した、それが私の予約しているHMV(アマゾンもHMVももちろん「Japan」)にも及ぶのか心配したが、めっちゃつながりにくかった電話がようやく通じるようになると、「現時点では(11月2日正午頃)延期の要請はきてないが、商品は直前になって延期されることがままあり、『特にクラシックの場合』発売日になって延期されることもある」とのこと!いまのところ(11月2日午後9時頃)はサイトに「11月10日発売予定」とあるので安心だが明日から発売日(正確には発送終了日)まで緊張と不安と期待が交錯する、心理戦が、私の中で展開されそうだ・・・
  1. 2005/11/02(水) 21:13:20|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ああ!

 カラヤンのベートーヴェン交響曲全集の発売日が12月6日に!(Amazon.comの情報。11月1日午後9時半現在)。しかし、私の予約しているHMVではまだ「11月10日発売」とある。あと数時間見つけるのが早ければ電話で問い合わせできたんだが、Amazonのはリージョン1(北米、カナダしか再生できない)となっており、おそらく輸入元も米国だろう。しかしHMV版はリージョン「All」(全世界共通)であり、Europeからの輸入とある。前回はAmazon版の延期と歩調を合わせて発売延期になったが、今回はもう勘弁してほしいものだ・・・
  1. 2005/11/01(火) 21:37:57|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっと

 Amazon.comに注文していた「ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 ジルヴェスターコンサート」のDVDが届く。まだ未視聴だけに楽しみ。しかし後最低9日はカラヤン/BPOのベートーヴェン交響曲全集(1967~1972)の到着まで待たされるのか・・・配送状況や、在庫、スタッフの不手際などによりさらに遅れる可能性もあるがせめて発売二日後(HMVからの発送は基本的に2日で届く。発売日にちゃんと出荷してくれればこの日数になるのだ)には手に出来るようお願いしますよ、HMVさん。

 LD版、およびそれをDVD化した自作では映像も音も悪い。早く届け、カラヤン、ベートーヴェンよ!
  1. 2005/11/01(火) 20:34:52|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

S

10 | 2005/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。