Sのつれづれ日記

 ここでは日々の出来事や思ったことなどを中心に書いていきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

またまた昼夜逆転

 学生とはいえ、これではいかんですな・・・
さて昨日書いた2枚に分割する案、何とかうまくいったようです。しかし雑音がはいってるなどもあり、深夜のこの時間を生かしてあらためてLDからPCに映像を取り込み2枚のDVDを作成しようとしてました。

 1倍速でしか当然取り込めないので、演奏を聴くのももういいし、とか思ってDVDを見てました。まずドラマ版「砂の器」。ラストを見終わってからこそ味わい深くなるオープニングに涙し、クライマックスでまた涙。
 続いてアニメ版「銀河英雄伝説」正伝ラスト。(28枚DVD・・・)。時代に冠絶した巨大な個性の終焉に涙涙。小説版も見返してまた涙。はっきりいって、私は「銀河英雄伝説」はベートーヴェンの9曲の交響曲すらしのぐ、人類史上最高峰の虚構上の傑作であると信じて疑いません。ヨーロッパが成し遂げた音楽的業績は偉大ですが、「銀河英雄伝説」に単独で太刀打ちできる作品など絶対無い、と信じます。多くのオペラの話の筋の、なんと陳腐で喜劇的なことでしょう。ワグナーの15時間の「ニーベルングの指輪」も「アイーダ」も、太刀打ちできません。ベートーヴェンとドヴォルザークと、チャイコフスキーとブラームスの全交響曲に匹敵する、とさえ思ってます。私が「日本人に生まれてよかった」とか「日本人であることに誇りを持つ」のはこうした虚構作品を読んだり、見たり、聴いたりしたときです。日本人の虚構製作能力は世界トップレベルでしょう、間違いなく。チェコにスメタナとドヴォルザークと彼らの主要作品があるように、ロシアにチャイコフスキーがいるように、そしてドイツ・オーストリア圏のベートーヴェン、ブラームス、モーツァルト、ブルックナーとその主要作品があるように、日本人には田中芳樹(「銀河英雄伝説」の著者)がいて、宮崎駿がいて、富野由悠季(「ガンダム」の作者)がいて、すぎやまこういちがいて、「砂の器」映像版を生み出したスタッフがいます。すべて20世紀の産物であるのは近代化が欧米に比して遅れたからだけで、それはなんら恥ではありません。

 さてこんどは映画版「砂の器」で号泣しますか

 生活リズムは、直さんとなー
 
スポンサーサイト
  1. 2005/07/23(土) 05:04:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

S

06 | 2005/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。